ラジエーター ワンオフ オーダーメード

ラジエーター 修理 製作 カスタムオーダーメード GPZ900R ZRX1100/1200 ロードスター 石原ラジエーター工業所

ラジエーター ワンオフ オーダーメード
ラジエーター ワンオフ オーダーメード
ワンオフラジエーターとは
ラジエーターの点検・修理
ご注文から納品まで
取付事例 〜自動車〜
取付事例 〜バイク〜
よくあるご質問
ラジエーター ワンオフ オーダーメード
オリジナルラジエーター (1)
オリジナルラジエーター (2)
コンプリートラジエーター (コア増)
コンプリートラジエーター
ウォッシャータンク その他商品
ワンオフお見積もりフォーム
ラジエーター ワンオフ オーダーメード
代表より皆様へ
石原ラジエーター工業所案内
イベント参加情報
プライバシーポリシー
お問合わせフォーム
リンク集
ラジエーター ワンオフ オーダーメード
取付実例 〜車〜  
MAZDA(マツダ) ロードスター オールアルミ 2層(コア厚53mm)
ロードスター オールアルミ2層 <お客様の声>

私は自動車を仕事として40数年になりますが、今日までラジエーターは車の部品の1つとして考えていました。しかし、石原ラジエーターさんのワンオフラジエーターを知ってからは、私の仕事が変わってきました。

私の店では、改造車を何台か作っています。
その時、私の車のようにフロント開口部をフォグランプナンバー等で3分の1位しか風が入らない車もあります。それゆえオーバーヒート、エアコンの問題等、多くのトラブルが発生しました。
ロードスター オールアルミ2層 その時、石原さんに相談したところ、ラジエーターを作ってくれました。アッパータンク及びロアータンクの肉厚を利用してラジエーターにファン用ステーを取付、3個のファンを取付けることが出来、1つはエアコンコンデンサー専用のファンにして、この夏も乗り切る事が出来ました。
今では、私共の作る車の重要なポイントの1つになっています。

新海自動車工房
新海幸二
MAZDA(マツダ) ロードスターNA 銅・真鍮 3層(コア厚41mm)
ロードスター NA オール銅3層 <お客様の声>

走行時の水温ですが、秋ごろの季節ですと82〜85℃くらいで安定しております。高速走行中は84℃で安定しています。

渋滞時では純正ラジエーターと比べて、水温の上がりが緩やかであると感じます。また、渋海中にエアコンを使用すると純正ラジエーターではオーバーヒートしそうになるのですが、現在のラジエーターでは、その心配がなくなりました。
ロードスター NA オール銅3層 気になる点は、エアコン未装着の車はラジエーターの前にコンデンサーがないため、冬季にオーバークールになるのではないかと思いました。

三浦さん
| TOP PAGE | ワンオフラジエーターとは? | ラジエーターの点検・修理 | 注文から納品まで | 取付事例 〜自動車〜 | 取付事例 〜バイク〜 | よくあるご質問 | オリジナルラジエーター | ワンオフお見積もりフォーム | 代表より皆様へ | 工業所案内 | イベント参加情報 | プライバシーポリシー | お問合わせフォーム | リンク集 |
COPYRIGHT(C)2007 石原ラジエーター工業所 カスタム ワンオフ 岡崎市 ALL RIGHTS RESERVED.